交通事故ならひかり法律事務所に
お気軽にご相談下さい

確かな実績

当事務所は平成7年に開設以来、交通事故事件(被害者側)に力を入れて取り組んできました。
当事務所所属の弁護士佐藤美砂は公益財団法人交通事故紛争処理センター嘱託弁護士(仲裁などを担当)や公益財団法人日弁連交通事故相談センターの理事を務め、弁護士亀田紳一郎は公益財団法人日弁連交通事故相談センター宮城県支部長を務めるなど、交通事故関係の公職も務めております。

早期ご相談のお勧め

交通事故事件における損害賠償の基準は自賠責基準・任意保険基準・裁判基準などがあり、とても複雑です。同じ損害の内容でも自賠責基準を取るか裁判基準を取るかだけでも2~3割程度金額が違ってくることは珍しくありません。
また、後遺障害等級の認定や過失相殺は医学的・法律的知識が求められます。
保険会社に勧められるままに示談する前に、まずは専門家の見解を聞いてみて下さい。思わぬ発見があるかも知れません。必ずしも裁判などをお考えの方でなくても、示談前に念のため確認したいという場合でもお気軽にご相談ください。
「転ばぬ先の杖」として、どうぞ法律事務所を賢くご利用下さい。

安心の料金

当事務所は、初回法律相談料は全件無料となっております。その後の継続相談についても法律扶助制度などの利用により無料となる場合がありますので、お気軽にお尋ね下さい。
また、受任に至った場合の費用については、旧仙台弁護士会報酬基準に準拠した報酬基準により着手金・成功報酬をいただきますが、法律扶助制度の利用により分割払いができる場合もありますし、特に着手金については極力ご依頼者様の負担にならないようよく相談して決めさせていただいておりますので、安心してご相談下さい。

弁護士費用特約の勧め

従来は、比較的軽微な怪我や物損の場合については、弁護士を依頼してもそれに見合うだけの経済的利益が見込めない(いわゆる「費用倒れ」)おそれがあるために弁護士への依頼を躊躇されるケースが少なくありませんでした。
しかし、現在は比較的少額な事件についても弁護士費用特約を利用して弁護士に依頼し、納得のいく結果を得ている方が少なくありません。弁護士費用特約に加入していると一定の基準内では保険会社が弁護士費用を負担してくれますので、自己負担なしで弁護士に依頼することができます。交通事故は誰の身にも降りかかる可能性があるものです。
そしてひとたび事故に遭うと、損害賠償の交渉は意外に精神的なストレスがかかります。煩わしいことに悩まされずに妥当な解決ができるだけでも、弁護士費用特約に加入する意義があると言えます。

当事務所の解決事例

  • 脊柱の変形傷害で当初後遺障害の認定が併合10級だったところ、異議申立をして併合5級に上がり、最終的に訴訟上の和解で解決した事例
  • 人身傷害保険金を請求し、保険会社からは保険金支払対象外とされたが、特約の適用について再審査請求をしたところ、保険金支払対象であることが認められ、人身傷害保険上限の3,000万円が支払われた事例
  • 児童の外貌に傷跡が残った事案で、自賠責保険に後遺障害の請求をし、7級の認定を受けた事例
  • 歩行中に自動車に接触されて高次脳機能障害の後遺症を負った事案で、2級の認定を受けた事例
  • 家族らと同乗していた自動車が相手車両に正面衝突されて両親・姉らが死亡し、1人だけ生存した子どもにPTSDによる慰謝料が認められた事例
  • その他、多数

初回無料律相談

無料法律相談のお申込はこちらからどうぞ
東北・関東まで対応します。  TEL 022-262-6118

その他の取り組み