交通事故

  • 交通事故で後遺障害を負ったMさん。当初の認定は併合10級でしたが、異議申立をして大幅に認定が上がりました。最終的には訴訟となりましたが、併合7級を前提とした和解により解決しました。
  • 自動車事故で顔面に傷跡が残った女児の事例で自賠責保険に直接請求し、後遺障害7級が認められました。
  •      
  • 自動車事故で祖父・姉・いとこを一度に亡くし、自分も死の危険に晒された幼児について、通常の入通院慰謝料に加えてPTSDの可能性があることを加味した慰謝料が認められました。
  •      
  • 子供の死亡事故について、加害者側保険会社から提示された損害額に納得できなかったNさん。提示された損害額自体も低い上、子供の過失が大きいと主張されたことが不満でした。そこで、相当な損害額を算出の上、交通事故紛争処理センターに斡旋申立をし、加害者側との交渉を進めました。同種事件の判例と比較しても被害者の過失は大きくないことを主張し、保険会社提示額を大きく上回る金額で示談が成立しました。
  •  
  • 交通事故で後遺障害を負ったものの人身傷害特約の該当性を否定された事例で、約款の解釈違いを指摘したところ、特約の該当性が認められて高額の保険金が支払われました。
  •     

相続

  • 某県に多数の不動産を残して亡くなられた被相続人の遺産を巡って兄弟姉妹4人を相手に遺産相続の調停を提起したQさん。約2年間に渡り調停・審判と手続が進みましたが、最終的には全員の合意の下、それぞれが不動産を取得する内容で円満に合意が成立しました。
  • 会社を経営していた被相続人を長年に渡って面倒を見てきた妻のRさんと娘のSさん、被相続人の死亡後、長男・次男との間で遺産分割の調停・審判になりましたが、生前に被相続人の療養看護に努めたことが評価され、Rさんについては1割、Sさんについては5%を寄与分として認めるという内容の審判により解決することができました。
  • 妻に先立たれ、子供もいないTさん。妻が亡くなった後、身の回りの世話をしてくれた親族の1人に感謝の気持ちをこめて遺産を残したいと考え、遺言書を作成することにしました。そこで、遺言執行者を当事務所弁護士に指定し、公正証書を作成しました。Tさん死亡後、遺言執行者として不動産の相続登記や預金の解約等の諸手続を行いました。他の法定相続人の同意を得る必要もなく、いわゆるハンコ代を支払うこともなく、円滑に遺産分割を終えることができました。
    (遺言書を作成することは残される家族に対する思いやりでもあります。)

離婚

  • 理解のない夫に長年冷淡な扱いを受けてきたOさん。離婚調停を申し立て、子供の親権、月10万円の養育費、財産分与として自宅の名義を自分に移転してもらう等の条件で調停が成立しました。
  • 夫から離婚調停を申し立てられたPさん。夫婦関係が悪化したのは夫の不貞や暴力が原因なのに、性格の不一致を理由にする夫の態度が許せませんでした。調停は不調に終わり、夫は訴訟を提起しました。Pさんは、このような夫と暮らしていくことはできないと考え、離婚を決意しました。そこで、Pさんも夫に反訴を提起し、慰謝料、財産分与を請求しました。同時に夫名義の財産を仮差押し、夫が勝手に財産を処分できないようにしました。訴訟では、夫の不貞や暴力等これまでの婚姻生活で受けた精神的苦痛が大きかったことを主張し、勝訴判決を得ることができました。
    (離婚事件では、離婚に至るまでの経過をできるだけ詳しく記録しておくことが大切です。)
  •      

過払金・任意整理

  • ご夫婦合わせてサラ金16社から合計約900万円の負債を抱えたDさんご夫妻。サラ金の取引明細を元に利息制限法により法定利率の範囲内で利息を再計算したところ、お二人合計約600万円の過払いになっていることが判明。示談交渉により大部分を取り返して解決することができました。
  • サラ金、信販6社から合計約120万円の負債を抱えたFさん。利息制限法により再計算したところ、残高は合計60万円に圧縮されました。これにつき、返済額全社合計月23,000円、今後の利息はなしという内容で話し合いがまとまり、収入の範囲内で返済を続けることになりました。
  •     

自己破産・個人民事再生

  • サラ金7社から合計約400万円の負債を抱え、給料差押えを受けていたAさん。直ちに自己破産を申立て、給料差押えも解除されました。その後、免責決定も得て、無事に会社勤務を続けています。
  • 住宅ローン2件2,200万円、サラ金等9件450万円の負債を抱えたCさん。住宅ローン督促を利用して個人民事再生の申立をし、住宅ローンはそのまま返済を続け、それ以外の債権は約8割の免除を受けるという内容の再生計画が認可されました。自宅を守ることができ、住宅ローン以外の返済は月々約3万円で3年払いと減額になって、ようやく少し生活にゆとりが持てるようになりました。

会社自己破産・会社民事再生・会社整理等

  • 老舗の建設業G社、4億円以上の負債を抱えて経営に行き詰まり、やむなく自己破産申立をしました。手持ち現金で従業員に解雇予告手当等を支払い、更にすぐに破産管財人を選任してもらうことによって工事途中の現場にも極力影響が及ばないようにして引き継ぐことができました。
  • 飲食店等を何店舗も経営していた親子会社のH社・I社。両社合わせて約7億円の負債を抱えて資金繰りに窮し、民事再生手続を申し立てました。幸い、早期にスポンサー企業が現れたため、同社に営業譲渡して大半の店舗と従業員を引き継ぐことにより事業を承継することができました。債権者には多額の債務免除をお願いすることになりましたが、事業が承継されたことにより多くの会社は取引の継続が図られました。
  • 先代社長が急逝し、家業の会社を引き継ぐかどうするか思案に困ったJ社の奥様と娘さん。当事務所で受任後、数ヶ月間営業を継続した上で最終的に廃業しました。従業員の給料やお取引先への借入金・買掛金等は会社の資産を処分して全額返済することができ、担保に入れていた自宅も残すことができました。
  • 会社の資産が乏しく、自己破産申立もままならなかったK社とその代表者のLさん。
    会社については任意整理として売掛金を回収して従業員への給与支払に充て、代表者のLさんは自宅を売却した代金から自己破産の費用を捻出。代表者のみ自己破産手続を取りました。

消費者被害・振り込め詐欺等

  • 先物取引で多額の損失を出した高齢のUさん。取引の終了にすら応じてもらえずにいましたが、当事務所受任後直ちに取引を終了させ、預託金残金約460万円を返還させました。その後、交渉により、更に実損害額のうち250万円を取りもどすことができました。
  • 5年後に売却価格で買い戻すという特約付で高額のダイヤを若者に売りつけた宝石店の倒産により、買い戻しが受けられずクレジット代金の支払のみ継続しなければならない若者の被害者が大量に発生した事件(ココ山岡事件)。ダイヤを返す代わりに支払った代金の約45%を返してもらうという内容で全国的に和解が成立しました(弁護団員として活動しました)。
  • 振り込め詐欺により100万円を送金してしまったVさん。直ちに警察に被害を申し出たところ、送金先の銀行口座を凍結してもらいました。その後に口座名義人相手に訴訟を提起し、判決を得て預金を差押え、全額回収することができました。

刑事事件

  • 知人に誘われ、運転手役を引き受けたWさん、駐車場で待っているよう言われて待っている間に同行者が強盗致傷の罪を犯してしまい、共犯者として逮捕されました。しかし、全く事情を知らなかったことを警察官・検察官に訴え、不起訴処分となりました。